クラブカップ7人リレー大会ルール(案)

下記の内容は未確定です。ご意見等ございましたらnishipro12[at]gmail.com(西村)までお寄せください

昨年からの主な変更点

・カップ対象クラスと一般クラスを分け、カップ対象クラスに「クラブ規定」の制限を追加
・補強選手を女子のみに変更
・全員が23歳以下の場合の女子人数特例を撤廃
・ハンデポイント算出時の女子の性別ポイントを15から30に拡大。それに伴い、OVER表彰の条件の変更(各20ポイントを加算)

第1案からの変更点

・7人リレー一般クラスの表彰対象を上位1チームから3チームに拡大
・クラブ規定のうち、練習会・大会の基準を外部参加30名から自クラブ含め全部で30名に変更
・クラブ規定のうち、継続性の基準を過去2年度から、過去3年のうち2年に緩和

設定クラス

クラス走者数出場資格
クラブカップ7クラブ規定(※A)を満たす団体内で構成された、チーム規定(※B)を満たすチーム
ベテランカップ4
7人リレー一般7上記以外のチーム
4人リレー一般4

※A:クラブ規定

以下の2つのうち、いずれかの条件を満たしていること

・都道府県オリエンテーリング協会に所属していること
利用できるテレインを管理している(※1)、もしくは外部公開された練習会・大会を開く(※2)という活動を継続して実施している(※3)団体であること。

※1「利用できるテレインを管理している」: 過去5年間の間に外部公開された練習会・大会等で使用実績があり、かつ地元の地権者・管理者等との連絡手段を持つことにより、練習会・大会等の利用ができるよう維持している状態を言います(版権を持っているというだけではこの条件に該当しません)。原則としてJSOM2000以降、JSSOM2005以降に準拠している必要があります。

※2「外部公開された練習会・大会を開く」:Webを通じて広く一般に広報された大会・練習会を開き、1年間で参加者のべ30名以上(自クラブ分も含む)を集めていることを言います(「のべ」ですので、複数回の合計でかまいません)。

※3「継続して実施している」: 本年度においては、2015年4月1日~2016年3月31日、2016年4月1日~2017年3月31日、2017年4月1日~本大会締切日の3つの期間のうち、2つ以上の期間で、上記2ついずれかの条件を満たしている必要があります。

※B:チーム規定

以下のすべての条件に該当する場合に限り、各クラス正規チームとして出走できます。

7人リレー一般クラス、4人リレー一般クラスについては、正規以外のチームもオープンチームとして出走できますが、総合表彰の対象にはなりません(区間賞は対象)

共通

1. 参加申込の段階で「正規」チームとして申し込んでいること

※申込時に正規基準を満たしていなくても、仮メンバーで「正規」として申し込むことは可能です。 事前申告がオープンチームの場合、正規チームへ変更することができません

2. 同一クラブ員で構成されていること。ただし、各チーム女子1名に限り、「補強選手」としてクラブ外の選手を加えることができます。補強選手は、申込時点で指定する必要があります。

3. 全員が、その日初めての出走であること

クラブカップ・7人リレー一般クラス

1. 女性を、以下に定める人数以上含むこと

・全員が20歳以下、もしくは全員の年齢の合計が300以上のチーム: (無制限)
全員が23歳以下、もしくは全員の年齢の合計が260以上のチーム: 1名以上
・上記以外のチーム: 2名以上

ベテランカップ・4人リレー一般クラス

1.ハンデポイント(※4)が220以上であること

2.全員が30歳以上であること

※年齢は、2017年4月1日までに達する年齢で判定します。

表彰規定

クラスカテゴリ条件副賞
クラブカップ総合表彰上位6チーム1位: 翌年のクラブ7人リレー御招待
2位: 翌年のクラブ7人リレー御優待(7,000円引)
3~6位:同上(3,500円引)
ファームチャンプ各クラブ第2位のチーム中で最上位1位: 翌年のクラブ7人リレー御優待(3,000円引)
over280 (,320,360,400..)ハンデポイント(※4)が280(あるいは320,360,400)以上の
チーム中1~3位(40ポイント刻みで、完走チームがある限り表彰)
同上(3,500円引)
ベテランカップ総合表彰上位3チーム1位: 翌年のベテランリレー御招待
2位: 翌年のベテランリレー御優待(4000円引)
3位: 翌年のベテランリレー御優待(2000円引)
7人リレー一般総合表彰正規チーム中上位3チーム1位: 翌年のクラブ7人リレー御優待(3,000円引)
4人リレー一般総合表彰正規チーム中上位1チーム1位: 翌年のベテランリレー御優待(2000円引)
(個人)区間賞各走区、男女ごとに、タイムが最も速かった人
(オープンも含めるが、2回目出走は除く)
Japan-O-entrYプリペイド(※5)500円分
※4: ハンデポイントの計算方法

over260~、およびベテランリレーレギュレーションに用いる「ハンデポイント」は、チーム構成員全員の年齢ポイントの合計+性別ポイントの合計で算出されます

年齢ポイント性別ポイント
・30歳以上の場合: 年齢
・20~30歳の場合: 一律30
・20歳以下の場合: 90 - 年齢×3
・男性の場合: 0
・女性の場合: 30

チームの構成例を以下に示します。

ルール変更に込めた想い

競技オリエンテーリング界を供給面から支えている団体を本大会では「クラブ」と定義します。

今でこそ我々のようなプロ事業者が参入する世界になってきましたが、プロの運営だけでオリエンテーリング界を支えることは到底できません。必ず地元に根ざしてテレインを管理してくださる存在、大会・練習会を開いてくださる存在が必要です。そういった活動を地道に行っている存在こそ「クラブカップ」に出場するのにふさわしい存在ではないか、そのように考えた結果がこのルールです。

もちろん、これら以外にもオリエンテーリング界を支える活動はたくさんありますが、直接的でわかりやすい貢献としてこの2点を条件にさせていただきました。なお、都道府県協会への加盟をしている団体については、上記のような活動がなくとも加盟料等の形で組織を支える貢献をされているとみなし、規定に沿うという判断をさせていただいています。

細かいことをいろいろ書いていますが、これらは人によって解釈のブレをなくするためのものに過ぎません。まだまだあいまいな部分があるかと思いますが、それらは必要に応じて加筆・修正していきたいと思います。

一方、このたび「一般クラス」を新たに設置し、専ら大会参加のみを行う団体にも競える場を用意しました。「クラブ」がオリエンテーリング界を支える上で大切な存在であることは間違いありませんが、運営の省力化が可能になった今、全員が運営に携わる必要があるとも思いません。そのような存在も7人リレーは応援する、そういう意図を持って、このようなルールとさせていただきました。

文責:西村徳真(NishiPRO)